園について

園の紹介

あおい幼稚園へようこそ

ぬくもりのあるアットホームな幼稚園

園舎

メルヘン

幼児期は心身の発達における基礎を培う時期です。この時期に幼児自身がさまざまな刺激を受け、土台を固めて大きく世界へ羽ばたく準備をすることが重要です。
さらに集団での活動や体験をすることで周囲との協調性を養い、協力し合う事の楽しさ素晴らしさを知ることも大事なことです。
子どもたちみんなが自分自身をしっかりと磨けるようにすること、そのうえで集団の中で自分なりの立場で活躍することのできる人間に育って欲しいと私たちは考えています。

そのような理念のもとに園の人的環境、設備的環境に工夫をしています。
職員は子どもとコミュニケーションをよくとり、子どものちょっとした反応も大切にしています。
また、意欲や好奇心を持てる瞬間を大事にしてきめ細やかな指導に努めています。

設備の面においては、園舎に木材を多く取り入れ、柔らかい雰囲気で子どもたちを迎えられるように施しています。
また、園庭に果樹を植えたり畑での活動を取り入れることで、生き物の命に接するように考えています。

その他の重要な要素として幼稚園とご家庭とが子どもたちの成長に関われる喜びや素晴らしさを共に感じられるよう、よく連携することにも重きを置いています。
全てを総括してあたたかく、ぬくもりのあるアットホームな幼稚園を目指しています。

園の沿革

府中あおい幼稚園は、昭和36年に設立され、半世紀にわたって歩んできました。
武蔵野の面影が残っている府中市西部に位置し全保育室が南向きで、緑に囲まれた静かな環境です。

1961年 あおい第二園 創立
1964年 ホール新設
1966年 西側園舎増築
1971年 会議室増築
1971年 府中あおい幼稚園と改名
1972年 ホール拡張
1976年 全面改築
1986年 メルヘン室増築
1995年 屋上遊び場完成
2000年 なかよし幼児サークル開設
2016年 満3歳児保育開設

© 2020 府中あおい幼稚園